2018年7月3日火曜日

我孫子深草窯築窯80周年記念 河村蜻山展

 陶芸家河村蜻山(かわむらせいざん)(1890-1967)は、1938(昭和13)年から1954(昭和29)年に鎌倉に窯を移すまでの16年間を、三樹荘(旧柳宗悦邸)にて作陶した我孫子ゆかりの人物です。
 蜻山は、小学校での陶芸指導などの地域との交流や、ジャーナリスト杉村楚人冠との交流から陶器製の句碑を制作するなど、我孫子ゆかりの人物としてのエピソードも残っています。
 また三樹荘は、大正時代、柳宗悦との交流を通して陶芸家バーナード・リーチが窯を築いた場所でもあります。前年度のバーナード・リーチ展に続く、三樹荘に集う人々の魅力に迫る展覧会です。

 各種イベントも開催します。以下ご参照の上、奮ってお申込みください。

○ 講演会「河村蜻山の生涯―陶芸という言葉を作った男―」
蜻山は我孫子生活を終えると鎌倉へ窯を移築します(鎌倉明月窯)。蜻山の人生を振り返り
その作品の魅力をお話しいただきます。
  講師:木村謙一(明月窯 陶芸家)
  日時:7月29日(日)13時30分~14時30分 アビスタホール
  定員:先着130名(事前申込制、先着順)

  受付:電話または直接白樺文学館に申し込み(7185-2192)

○学芸員ギャラリートーク「稲村雑談―蜻山と我孫子、三樹荘に集う人々―」
志賀直哉「稲村雑談」にあやかり、同名の学芸員による展示解説です。笑いあり涙あり、感動の一
時間をお届けします。
各回14時~15時 定員なし(予約不要)
日時:7月7日(土)、7月16日(祝月)、7月25日(水)、8月12日(日)、8月19日(日)、8月25日(土)、9月8日(土)、9月15日(土)、9月30日(日)、10月13日(土)、10月17日(水)


図書館主催講演会のお知らせ



平成30年(2018年)は、明治元年(1868年)から起算して満150年という節目の年です。
NHK大河ドラマ「西郷どん」をご覧の方も多いのではないでしょうか?
明治維新に関係する書籍もたくさん出版されています。日本各地で様々なイベントも開催されていますので、ポスター等で「明治維新」や「明治150年」の文字を見かけることも多いのではないでしょうか。
 そこで! 図書館では講演会『評価される維新の「志士」 -伝記から見る大久保利通像の変遷-』を開催します。江戸幕府崩壊から、日本が如何にして近代国家となり得たのか。
明治維新を牽引した志士のひとり、大久保利通の人物像がこの150年でどのように変遷してきたのか、ということをお話しいただきます。
 講師は、宮間 純一 氏(中央大学文学部准教授)。専門分野は日本近代史、アーカイブズ学、史学の博士号をお持ちの方ですが、まだ30代! 語り口も雰囲気も柔らかく、おまけに千葉県出身の方ですので親近感が持てること間違いなし!
普段は歴史に興味のない方も、「明治維新」てなんだっけ?と思われた方もぜひぜひご参加ください。
 
残りわずかとなっています。皆様のご応募お待ちしております。
(応募は我孫子市民図書館まで)
詳細は以下のポスターをご参照ください。



2018年6月30日土曜日

7月のBGM演奏日程

7月のBGM演奏日程です。
7月3日、4日は展示替えのため臨時休館です。
ご来館をお待ちしております。
 

2018年5月23日水曜日

6月のBGM演奏日程

6月の演奏日程です。
ご来館お待ちしております。
 

新イベント 白樺の調べ

 新年度よりピアノイベント「白樺サロンのひととき」、朗読イベント「朗読のひととき」を統合し、朗読・ピアノイベント「白樺の調べ」として再スタートしました。

この機会にぜひご参加ください。

参加費:無料(但し入館料がかかります)

場所:文学館1階ピアノサロン


日程(5月23日現在)

5月27日(日)14時~

6月24日(日)14時~

7月22日(日)14時~

8月26日(日)14時~

9月16日(日)14時~

※時間は概ね1時間から1時間半程度です。

2018年4月30日月曜日

文学館でのパネル展示場所変更及びアビシルベでの展示(5月6日まで)

図書室での展示とお知らせしましたが、地階音楽室に展示場所を変更しました。
なお音楽室正面のパネルのみ(以下を参考)撮影可とします。




またアビシルベでの展示も行っております。
 
 

 
皆様のご来館を心よりお待ちしております。
 
5月6日(日)まで(5月1日は休館日です。)
 
(T.I)